今さら聞けないChatGPTって何?ChatGPTについてわかりやすく解説

目次

ChatGPTとは?

ChatGPTとは、OpenAIによって開発された人工知能(AI)ベースのチャットボットです。自然言語処理(NLP)を使用して、人間のような会話を生成することができます。質問に答えたり、記事、ソーシャルメディアの投稿、エッセイ、コード、メールなど様々な形式のテキストを作成する能力を持っています。自然言語処理の応用例として、ChatGPTは生成AIの一形態であり、ユーザーがプロンプトを入力すると、AIが人間らしい画像、テキスト、ビデオを生成します。

ChatGPTは、顧客サービスのウェブサイトに見られる自動チャットサービスに似ており、質問をしたり、ChatGPTの返答に対するさらなる説明を求めることができます。「Generative Pre-trained Transformer」の略であるGPTは、ChatGPTがリクエストを処理し、応答を形成する方法を指します。人間からのフィードバックと、最良の応答をランク付けする報酬モデルを通じて強化学習で訓練され、このフィードバックは機械学習を用いてChatGPTを強化し、将来の応答の質を向上させるのに役立ちます。

ChatGPTは誰が開発したの?

ChatGPTは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置く人工知能研究機関「OpenAI」によって開発されました。この組織は、イーロン・マスクやサム・アルトマンを含む一群の起業家や研究者たちによって2015年に設立され、人工知能技術の民主化を目指す非営利団体としてスタートしました。その後、より多くの資金を調達し、研究を進めるために、一部の事業を行う「キャップド・プロフィット(capped-profit)」利益上限のある企業構造へと進化しました。OpenAIは、ChatGPTの開発だけでなく、画像生成AIのDall-Eや、自然言語理解に関するGPTシリーズなど、多くの先進的なAI技術とサービスを提供しています。

ChatGPTの仕組みとは?

ChatGPTは、Generative Pre-trained Transformer(GPT)という特定のアルゴリズムを基盤として動作し、データのシーケンス内のパターンを見つけ出します。初期にはGPT-3、その後のアップデートでGPT-3.5という大規模言語モデルが使用され、これらはニューラルネットワークの機械学習モデルで、GPTシリーズの第三世代およびその改良版にあたります。GPTは膨大なデータから情報を引き出し、それをもとに応答を生成します。

最新のアップデートでは、GPT-4oが導入されました。このバージョンは、先行するGPT-4の能力に加え、音声、画像、およびテキストをマルチモーダルな入力として処理することができます。これにより、ChatGPTは写真の説明、画像のキャプション生成、最大25,000語までの詳細な応答の作成など、さらに複雑なタスクを処理する能力を実現しました。GPT-4oの導入により、ChatGPT Plusでは応答時間の向上と、新たなインターネットプラグインの提供が特徴となっています。

ChatGPTは深層学習、特に機械学習の一部であるGPTニューラルネットワークを使用して、人間のようなテキストを生成します。このシステムは、訓練データの一般的なシーケンスに基づいて、次に来る単語や文、段落を予測します。

訓練プロセスは、一般的なデータから始まり、特定のタスクに合わせてより特化したデータへと進んでいきます。ChatGPTは、オンラインのテキストを通じて人間の言語を学習し、その後、会話の基本を学ぶためにトランスクリプトを使用しました。人間のトレーナーが会話を提供し、応答をランク付けすることで、最良の回答を決定する報酬モデルを利用しています。ユーザーは、応答の評価としてサムズアップやサムズダウンのアイコンをクリックすることで、チャットボットの訓練に貢献し、将来の対話の改善と微調整に役立てることができます。

ChatGPTに何が聞けるの?

ChatGPTには、様々な質問をすることが可能です。これには、日常的な疑問から専門的な知識に関するものまで含まれます。例えば、「人生の意味は何か?」や「ニューヨークが州になった年は?」といった単純な質問から、科学、技術、工学、数学(STEM)の分野に関するより複雑な質問まで幅広く対応しています。また、プログラミングのコードをデバッグしたり、新しいコードを書くことの助けにもなります。

しかし、ChatGPTは2021年までのデータに基づいているため、それ以降の出来事や情報については知識がありません。最新のニュースやトレンドに関する質問には答えられない点に注意が必要です。また、ChatGPTは会話型のチャットボットであるため、テキストを生成する際に、より詳細な情報を求めたり、生成されたテキストに対して再試行を依頼することができます。

ChatGPTは、物語の作成、アイデアの提案、教育的な説明など、クリエイティブな使用にも適しています。しかし、すべての質問に対して回答が得られるわけではなく、不適切な内容の生成を避けるための倫理的なガイドラインに従っています。したがって、ユーザーが求める回答を得るためには、質問を適切に設定することが重要です。

ChatGPTの利用目的一覧

  • プログラミング:コンピュータプログラムのコーディングや、コード内のバグのチェック
  • 音楽:音楽の作曲
  • メール:メールの下書き
  • 要約:記事、ポッドキャスト、プレゼンテーションの要約
  • ソーシャルメディア:ソーシャルメディア投稿のスクリプト作成
  • 記事タイトル:記事のタイトル作成
  • 数学問題:数学の問題解決
  • SEO:検索エンジン最適化のためのキーワード発見
  • コンテンツ作成:ウェブサイト用の記事、ブログ投稿、クイズの作成
  • リライト:異なる媒体用に既存のコンテンツを書き換える。例えば、プレゼンテーションのトランスクリプトをブログ投稿用に。
  • 商品説明:商品説明の作成
  • ゲーム:ゲームのプレイ
  • 就職活動支援:履歴書やカバーレターの作成を含む就職活動の支援
  • トリビア:トリビア質問の提案
  • 複雑なトピックの説明:複雑なトピックをよりシンプルに説明
  • ビデオスクリプト:ビデオスクリプトの作成
  • 市場調査:製品の市場調査
  • アート生成:アートの生成

ChatGPTを利用することのメリットとは?

  1. 効率の向上:
    • ChatGPTは反復的なタスクやルーティンワークを自動化することで、人間の従業員がより創造的で戦略的な作業に集中できるようにします。
  2. コスト削減:
    • 追加の人材を雇用し、訓練するコストを削減できます。AIチャットボットは24/7稼働するため、人件費の節約にもなります。
  3. コンテンツ品質の向上:
    • ChatGPTは文法や文脈の誤りを修正し、アイデアのブレインストーミングを助けるなど、執筆プロセスをサポートします。
  4. 教育とトレーニング:
    • ChatGPTは複雑なトピックを簡単に説明し、仮想チューターとしての役割を果たすことができます。学習者に対してカスタマイズされたガイドや説明を提供します。
  5. 即時の応答提供:
    • ユーザーは、待ち時間なしに質問に対する即時の回答を得ることができます。
  6. 24時間対応:
    • ChatGPTは常に利用可能であり、時間帯に関係なくユーザーの問い合わせに対応します。
  7. 多言語サポート:
    • 複数の言語での対話が可能であり、グローバルなユーザーベースにサービスを提供する企業にとって特に有用です。
  8. パーソナライゼーション:
    • 過去の対話から学習し、ユーザーの好みや興味に合わせてカスタマイズされた経験を提供します。
  9. スケーラビリティ:
    • 多数のユーザーに同時に対応する能力があり、特にユーザーのエンゲージメントが高いアプリケーションやサービスに適しています。
  10. 自然言語理解:
    • 人間のようなテキストを理解し生成する能力により、自然な会話体験を提供します。
  11. デジタルアクセシビリティ:
    • 障害を持つ人々にとってもアクセスしやすいテキストベースのインタラクションを提供します。

ChatGPTの使用に際して知っておきたい留意事項

人間の言語の複雑さの完全な理解不足

ChatGPTは、機械学習モデルに基づいていますが、人間の言語の複雑さを完全には理解していません。そのため、応答が表面的であったり、真の洞察に欠けたりすることがあります。また、皮肉や反語などの微妙なニュアンスを捉えられない場合があります。

情報の時点

ChatGPTの訓練データは2021年までのものであり、それ以降の出来事や情報については把握していません。このため、最新のトピックや情報については正確な回答を提供することができない可能性があります。

情報の正確性

ChatGPTは訓練データから情報を引き出して回答を生成しますが、その情報が常に正確であるとは限りません。特に、専門的な質問や詳細なデータを要する場合、誤った情報を提供することがあります。したがって、重要な決定を下す際には、他の信頼できる情報源を参照することが重要です。

自然さと流暢さ

ChatGPTが生成するテキストは時に不自然で、機械的に聞こえることがあります。特に、次の単語を予測する過程で一般的な単語の過剰使用などが原因で、人間の書き手のような自然な流れを欠くことがあります。

多様性と発散性の欠如

ChatGPTは一度に一つの質問に対してしか回答を生成できず、複数の質問やトピックに対する回答を一つの応答でカバーすることができません。また、特定の質問に対して焦点を当て過ぎてしまい、質問の意図を見落とすことがあります。

情報源の引用不足

ChatGPTは要約や情報を提供しますが、その情報源を明示的に引用しません。したがって、研究や学術的な文脈で使用する際には、引用や出典の確認が必要です。

これらの制限を踏まえ、ChatGPTを使用する際にはその回答を慎重に評価し、必要に応じて追加の検証を行うことが推奨されます。

ChatGPTは無料で利用できる?

はい、ChatGPTは基本的に無料で利用できます。OpenAIの公式サイトからアカウントを作成することで、無料版のChatGPTにアクセスし、基本的なチャット機能を利用することが可能です。ただし、無料版にはいくつかの制限があり、例えばプログラムの利用が上限に達した際にアクセスできなくなることがあります。

また、より高度な機能や無制限のアクセスを求めるユーザーのために、ChatGPT Plusという有料プランも提供されています。ChatGPT Plusは月額$20で、GPT-4へのアクセス、より高速な応答、利用制限のないアクセス、新機能への優先アクセスなど、追加の特典が提供されます。

要するに、ChatGPTは無料で利用開始できますが、より充実した機能やサービスを利用したい場合は、有料プランへのアップグレードを検討することができます。

無料版ChatGPT

  • 利用料金: 無料
  • 機能: 基本的なチャット機能を提供し、GPT-3.5-turboモデルを使用しています。テキスト入力による質問や対話が可能です。
  • 対象: 個人ユーザーで、基本的な質問応答や対話を楽しみたい方。

ChatGPT Plus(有料版)

  • 料金: $20/月(米国の場合)
  • 機能:
    • 優先的なアクセス: 混雑時でもスムーズにChatGPTを利用できます。
    • 高速かつ高精度のチャット機能: GPT-4モデルを使用し、より高度な応答が得られます。
    • Bing検索機能: 検索結果を基にした回答が可能になり、より幅広い情報提供が可能です。
    • 拡張機能(プラグイン)の利用: 特定の機能を拡張するプラグインを利用できます。
  • 対象: より高度な機能や、ビジネス利用を考えているユーザー。

アプリ版ChatGPT

  • 料金: 無料版とChatGPT Plusの両方が提供されています。
  • 特徴: スマートフォンアプリでも、基本機能は無料で利用でき、ChatGPT Plusにアップグレードすることで、上記の有料版特典を享受できます。

注意点

  • ChatGPT Plusの料金は国や通貨によって異なる場合があります。
  • OpenAIは時折、サービス内容のアップデートを行うため、最新の情報はOpenAIの公式ウェブサイトで確認してください。

ChatGPTの持つ多彩な可能性とその制限を理解した上で、この革新的なツールを使い始めることは、日常の様々なタスクを効率化し、クリエイティビティを刺激する新たな旅の始まりです。教育からビジネス、クリエイティブなライティングまで、ChatGPTはあなたのニーズに合わせて柔軟に対応し、アイデアの発見や問題解決の助けとなるでしょう。ただし、その回答を鵜呑みにせず、批判的な思考を持って利用することで、ChatGPTの真価を最大限に発揮することができます。さあ、ChatGPTと共に、知識の探求、創造の喜び、そして無限の可能性に満ちた冒険を始めましょう。

GFLOPS -AskDona

上部へスクロール